私たちは西の丸ファンの皆様に安心してパチンコ・スロットを楽しんで頂ける明るく楽しいホールをめざし進化し続けます。

ホーム > スタッフの思い > 稲盛和夫 著書「心」「生き方」を読んで

スタッフの思い

稲盛和夫 著書「心」「生き方」を読んで

営業部 次長/戸髙 誠

「心」の持ちようによって、現実はどうとでも変わる!ということだと感じました。

「いいことが起きる」のも、「いい心」を持って、常に感謝の気持ちと謙虚な気持ちを忘れていないから。

同じく、「わるいことが起こる」のも、「わるい心」を持って、おごり高ぶっているから。

人生の「悟り」に近づこうと日々懸命に努力することが、いい人生をつくる「心」だと、稲盛氏が書いてあります。

私がこの本を読んだ感想でまとめると3つの事が大事だと感じました。

①「自分が損するからイヤ」ではなく、「他人が損するからイヤ」と考える事

②目標を決めたら、すぐにへこたれるな。目標には頑固に。

③人生は困難がつきもの。それをうまく乗り越える「心」をもつことが大事。

ということです。

 上記を踏まえ、

・多角度から物事を考え他人の利益も図る姿勢を持つ。

・目標計画を立て妥協することなく進める。

・全ては心の持ちようですべてが決まる。良い心を育てる栄養は謙虚さにある。

常に謙虚を心の衷心において行動致します。

20200815135429-28bb4c6b31b34a8b60b0613c0a6acf1dd36f6872.jpg

奨学金返還支援認定企業

キャリアトランプ

PAGETOP